上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々、アップします。


ちょっと、良い記事を見つけました^^

【子どもから学べる
    幸せになるためのヒント18選】


1、直感で行動する

子どもは本能のままに動く。本当にこれ
で良いのだろうか、自分の決断は正しか
ったのだろうかなどと、必要以上に思い
悩んで時間を無駄にするようなことはし
ない。


2、今を生きる

子どもは、今、その瞬間を生きている。
変えられない過去に悩むこともなければ、
何が起こるかわからない未来を不安に思
うこともない。


3、信じる

子どもは、サンタクロースや物語に出て
くる妖精の存在を信じている。だからこ
そ夢中になれるし、楽しむこともできる。


4、創造する

ペンで描いたり、ハサミで切ったり、の
りで貼ったり……、子どもは手にした物
でとにかくなんでもやってみる。そして、
そこから何かを生み出す。


5、他人の目なんか気にしない

子どもは、周囲の人がどう思うかなんて
気にしない。やりたいことを思いっきり
やるだけ。


6、歌う

子どもは突然歌い出す。いつだろうが、
どこにいようが気にしない。思いのまま
に歌う。


7、鼻歌を歌う

小さな子どもも鼻歌を歌う。口笛が吹け
ず、言葉で上手く歌うこともできないな
ら、鼻歌を歌えば良いのだ。


8、思っていること言う

子どもは、常に本心を直球で伝える。
思ってもいないことを言わないし、
遠回しな言い方もしない。


9、尋常でないほどテンションが上がる

子どもは、嬉しいことや興奮するような
出来事があれば、これでもかというくら
いにテンションが上がる。ドキドキやワ
クワクなどの感情を素直に爆発させるこ
とができる。


10、新しいものに飛びつかない

子どもは、好きな本や映画を繰り返し見
たがる。お気に入りの服は毎日でも着よ
うとする。彼らにとっては新しいかどう
かよりも、それを好きであることが大事。
大人のように、すぐに新商品に飛びつい
たりはしない。


11、匂いを嗅ぐ

子どもは、なんでも匂いを嗅ごうとする。
だからこそ、歩いているときに立ち止り、
道に咲いている花の香りを嗅ぐ余裕さえ
持ち合わせている。


12、差別しない

子どもは誰のことも差別しない。分け隔
てなくすべてを受け入れることができる。


13、恐怖心を隠さない

子どもは、怖ければ「怖い」と言う。
ひとりで抱え込まず誰かに伝えることで、
恐怖心を軽減させることができている。


14、褒め言葉を受け入れる

褒められると、子どもは素直に受け入れ
る。無用な謙遜はしない。


15、昼寝をする

子どもは、昼寝をすれば元気になり、気
分もリフレッシュされる。寝ても疲れが
取れないなんてことはない。


16、夜は早く寝る

子どもは、たいてい早く寝る。必ずしも
自分から布団に入るとは限らず親は手を
焼くこともあるが、無駄に夜更かしはし
ない。


17、ひとつのことに集中する

子どもは、そのときしていることに集中
する。名前を呼んでも気付かないくらい
物事に没頭することができる。


18、型にはまらない

子どもは、型にはまらず我が道を行く。
それが「普通」かどうかは気にしない。



参考元:ロケットニュース24
http://urx.nu/52qF



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大人になるにつれて、大切なことを忘れ
てしまっていると思いませんか?

だから社会が成り立っているとも言えま
すが、幸せ感は薄れているように感じます。


大人になって忘れてしまったこと、

子供から学ぶことってたくさんありますね。

「子供はいいね!気楽でっ」て…

大人ぶってないで、たまには

子供になりましょ

私達みんな子供だったのですから。。。



育児中ではありますが

それ以上に育自中の今日この頃。。。^^
スポンサーサイト
2012.09.29 ゴミ箱復元
やってしまった><データロスト!!!

ゴミ箱も空っぽ。。。

大事な写真がな~~~い!!

ゴミ箱のものを削除はしていないのにどうして??

2012.09.21 Terrible Twos
現在、娘、2歳4ヶ月いわゆる魔の2歳児真っ只中!

そこで、ちょっと良い記事を見つけたので

ここにメモりたいと思います♪

「魔の2歳児」という言葉がある。天使のような赤ん坊が小悪魔に変わる時期――自我が芽生え、ヤダヤダが増える我が子に多くの親が手を焼く。この時期が早く過ぎることをひたすら願う人も多いだろう。

しかし自らも2児の母であるライターのローレン・ワーナー氏が「魔の2歳児を愛すべき10の理由」という記事で、なぜこの時期が大切で素晴らしいかを綴っている。小さな子どもを持つ読者の皆さんにも、ぜひ参考にしていただきたい。
 
1. 決断力
2歳児の、こうと決めたら譲らない頑固さは親の頭痛の種かも知れない。しかし何かを要求したり選び取ったりする意志力は、大人になった時のひたむきさや自信に繋がっていく。今朝はご飯とパンどちらを食べたいかなど、選択肢を与えて自発的に考える習慣をつけてあげよう。

2. 創造力
壁に落書きしたりタンスに虫を入れたり、親を悩ませる行動の数々。しかし全てを叱って禁止しては、伸びるはずの創造性をつぶしてしまう。庭の一角やガレージなど、制約なしに遊べる空間を与えてあげることで子どもの心も満たされ、創造力も培われていく。

3. 冒険心
テーブルやらベッドやらあちこち登っては飛び降りたり、水たまりで服を汚したり、親をハラハラさせる時期だ。しかし子どもを危険から守ることと、禁止事項で縛ることはまったく別物。日常のちょっとした冒険は、自分の能力や限界を知る「自己発見」に欠かせない。危険がないよう見守りながら、色々な体験をさせて学ばせよう。

4. 互助の精神
2歳児は何でも自分でやりたがる。うまく導いてあげれば、喜んで親の手伝いをしてくれるだろう。洗濯物を運ぶ、弟や妹のオムツを取ってくる、犬にエサをあげるなど小さな頼みごとをするといい。進んで人を助けることに喜びを見出し、助け合いの尊さを学べるようになる。

5. 学習力
親が一番の先生であることを忘れるなかれ。子どもは新しいことを学ぶのが大好きだし、スポンジのように知識を吸収していく。散歩ひとつ取っても新しい発見に満ちており、人生への好奇心、興味を育てる機会になる。また、言語能力が著しい発達を見せるこの時期は、外国語の始めどきだ。

6. 現在思考
小さな子は興味の対象が次々移り変わる。大人と違って過去を引きずって思い悩んだりせず、目の前にあることに集中し、今を生きているのだ。おやつ、遊び、すべてにまっすぐ注意が向いている。癇癪を起こしたりぐずったりしても、すぐ過ぎると思っておおらかに見守ろう。

7. 感情表現
泣いたと思ったら次の瞬間笑っている――子どもは感情のジェットコースターに乗っているようだ。成長につれ感情の制御を学ぶことも不可欠だが、素直に感情を表現できることは周囲との良い関係を築くための大切な要素。言葉を話し始めたら、少しずつでも気持ちを言葉で表す練習をしてあげたい。

8. 対人関係
今後の対人関係の基盤を築く時期。元々人を疑うことを知らない幼子にとっては、会う人は皆新しい友達のようなもの。微笑み、信じ、人の良いところを見るという性質をそのまま大切にし、更に忍耐力をつけていけば、大人になった時も良好な人間関係を築けるようになる。

9. 幸せの実感
人生は素晴らしいもので溢れているのに、大人になるといつしか忘れてしまう。小さな子どもは花や虫や月など、日常目にする何気ないことを楽しみ、泥遊びやお絵描きに心から夢中になれる。小さなことを幸せに感じる純粋な心を、親に思い出させてくれる。

10. 強固な絆
子どもが外の世界へ踏み出し、思い通りにならないことや心の痛みに直面した時に何より必要なもの――それは家族からのキスや抱擁である。これらの愛情表現は、子どもを落ち着かせ勇気づける、絶大な力を持った魔法だ。必要な時はいつでも家族の愛がそこにあるという安心感と信頼感を、この時期に与えよう。
 
だいぶ、最近はツボがわかってきたものの。。。。

時どき、どうしようもなくなることも。。。><

でも、成長の段階!!これを一緒に乗り切ろう!!!

育児はまだまだ、これからだもんね^^
2012.09.02 横浜へ。。
今日から第2のふるさと横浜へ行ってきます^^

Lanaを妊娠したとき以来なので楽しみです♪

偶然にも昨日、バッグの整理をしていたら、横浜の病院で妊娠陽性を知らされ、

新横浜の病院を紹介していただいたときのメモができていました^^

ちょっと、びっくり^^


懐かしい気持ちと共に当時のことを思い起こし、本当にLanaを授かれたことに改めて感謝(^人^)感謝。

横浜へ行ったら、Lanaにも色々お話をしてあげようと思います^^
幼稚園入園説明会!

昨日はいつも子育て支援でお世話になっている幼稚園の入園説明会に行ってきました^^

実はこの幼稚園、私も通っていたところ。

支援で来ていても、お教室を見るのははじめて。

あちこち写真を撮ってきました^^


手作りのものも多く、Lanaの座っている椅子も牛乳パックを使用してあるそうです。

私も向こう側にあるソファを作ってみようと思います!!

楽しみ♪

june2 034

食器洗いスポンジやフェルトなどを使用して食材が作って並べてありました。

これも作れそう!!!

Lanaはとっても嬉しそうに遊んでいました^^

june2 044

パソコンもあります^^

今の時代は当たり前ですよね。

園児たちはいつも取りっこだそうですよ^^

june2 049

こちらは卒園した子供達が作った園歌のボード^^

廊下に飾られてありました。こういうのもいいですね~♪

june2 042

木製のアルファベットドミノ^^英語の教育もされています。

これ、可愛かったです。欲しい~♪

june2 037

いろいろなものに興味津々です。

june2 040

しっかり、手作りおやつまでいただいてきました^^

ぐずっていたLanaはここでテンションアップ↑

june2 054

屋上にプールもあります。

体操の教育も熱心で水泳教室なども有料ですがされているそうです。

june2 045

最近、よこみね式を取り入れているところが多いみたいですね。

実際、町内のほかの幼稚園でよこみね式を取り入れているところがあり

そこは卒園するまでに逆立ちからブリッジや、逆立ちのまま歩いたりと

本格的にされています。ここはそこまでではなさそうですが。。。


幼稚園選びはちょっと悩みますね~^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。